材料的特長

高炉スラグ微粉末

DAK式プレキャスト壁高欄システムは、冬期の融雪剤による塩害に対する遮塩性を向上させる目的で、プレキャスト壁高欄本体には、早強ポルトランドセメントをベースに、塩害に有効とされる高炉スラグ微粉末を30%以上置換しており、一方、接合モルタルには、プレキャスト壁高欄と同等あるいはそれ以上の遮塩性を発揮できるよう、高炉スラグ微粉末を置換しています。なお、プレキャスト壁高欄本体の設計基準強度は、σ28=40N/mm²です。

接合モルタルの正式名は、商品名として「リペアメントNS TYPEⅡ」です。本材料の荷姿は、25kgの袋体及び1tフレコンで、材料の物性は、試験結果の値として以下のように得られています。


リペアメントNS TYPEⅡの物性
物性内容 試験方法 規格値 試験値
(環境温度20℃時)
コンシステンシー J14漏斗 JHS-312に準拠 8±2(秒) 7.8(秒)
凝 結 時 間 JHS-312に準拠 始発:1時間以上(時間-分) 5-05
終結:10時間以内(時間-分) 7-40
ブリーディング率 JHS-312に準拠 2時間で2%以内 0.0(%)
膨 張 収 縮 率 JHS-312に準拠 7日で収縮を示さない 0.2(%)
圧 縮 強 度 JHS-312に準拠 材齢3日 :25N/mm²以上 64.5N/mm²
材齢28日:45N/mm²以上 86.8N/mm²
付 着 強 度 建研式付着試験 NEXCO断面修復材28日材令1.5N/mm²以上 3.0N/mm²
注)規格値は、基本、NEXCOの要求性能として規定されているものです。

プレキャスト壁高欄及び接合モルタルの遮塩性に対する耐久性の評価では、電子線マイクロアナライザーによる面分析により、JSCE-G574「EPMA法によるコンクリート中の元素の面分析方法」に準じて評価しており、試験結果として、プレキャスト壁高欄の見掛けの拡散係数の平均値が、182日間の浸漬結果でDap=0.534cm2/年、一方、接合モルタルでは、371日間の浸漬結果でDap=0.281cm2/年という結果が得られています。

Copyright © DAK式プレキャスト壁高欄工法研究会  All Rights Reserved.